待ち時間を短縮!ファストパスの仕組みと2つの発券ルールを知る

スポンサーリンク


東京ディズニーランドや東京ディズニーシーでは、アトラクションの待ち時間を大幅に短縮できる「ファストパス・チケット」があります。

アトラクションによって差はありますが、ファストパス・チケットを使うことにより、概ね平均して10分前後の待ち時間で乗車可能となります。

スタンバイ(通常の待ち列)に並ぶと120分待ちや200分待ちなんて時にでも、10分前後で乗ることができちゃうのです。

「ファストパス 仕組み」「ファストパス ルール」なんてキーワードで検索してこの記事に辿り着いた皆さんは、ファストパス・チケットの詳しいルールを理解して取得しているでしょうか?

入園した人全員が無料で取得できるファストパスには様々なルールがありますので、そのルールを熟知して、なるべく多くのファストパスを取得することが、効率の良い回り方の第一歩です。

<スポンサーリンク>


ファストパス対象アトラクション

ファストパス・チケットは、混雑している人気アトラクションの待ち時間を減らす、便利なチケットです。便利ではありますが、全てのアトラクションで利用できるわけではありません。

ファストパス・チケット対象アトラクションは限られていますので、注意が必要です。

ディズニーランドのファストパス対象アトラクション

ディズニーシーのファストパス対象アトラクション

ファストパスの使い方

まずは、まだファストパス・チケットを利用したことが無い方の為に、使い方を解説していきます。

乗りたいアトラクションのファストパスを取得しよう

ファストパス・チケットは、対象アトラクションで共通して使えるものではありません。「スプラッシュマウンテン」に乗りたければ「スプラッシュマウンテン」のファストパス・チケットを取得しなければならないのです。

ファストパス対象アトラクションの入り口の近くには、必ずファストパス・チケット発券機があります。

当日入園したパスポートに記載されているQRコードをファストパス・チケット発券機にかざすと、ファストパス・チケットが発券される仕組みです。

取得したファストパスを見てみよう


ファストパス・チケットを取得したからと言って、すぐにそのアトラクションに乗れるわけではありません。取得したら、そのファストパスチケットを見てみましょう。

ファストパスチケットには、そのアトラクションに乗車できる時間と、次のファストパスを発券できる時間が記載されています。

取得したファストパスを使ってみよう

ファストパス・チケットに記載されている時間になると、そのファストパス・チケットが効力を発揮します。

アトラクション入り口は「スタンバイエントランス(通常の入り口)」と「ファストパス・エントランス(ファストパス・チケット専用の入り口)」とに分かれています。

「ファストパス・エントランス」で立っているキャストにファストパス・チケットを見せて、列に並びます。

ファストパスのルール

ファストパス・チケットは、やみくもに発券する事はできません。ファストパス・チケットの発券には2つのルールがあります。

発券できる時間

★発券してから2時間後に次のファストパスを発券できる(2時間ルール)
★乗車できる時間が訪れたら次のファストパスを発券できる(乗車時間ルール)
この2つのうち、どちらか時間の早いほうが適用されます。

また、連続して同じアトラクションのファストパス・チケットを発券したい場合は2時間ルールが適用されず、乗車時間ルールが適用されます。

(例)
10時にスターツアーズのファストパス発券。
乗車できる時間・16:00~17:00

スターツアーズ以外の他のアトラクションのファストパスを発券する場合は2時間ルールが適用されて12時になれば、次のファストパス・チケットを発券できます。

しかし連続でスターツアーズのファストパスを発券する場合は2時間ルールが適用されずに乗車時間ルールが適用され、16時の発券となります。

ファストパスに記載されている「次のファストパスを発券できる時間」は、連続して同じアトラクションのファストパスを発券する事を想定していません。他のアトラクションのファストパスを発券する事が前提で記載されていますので、連続して同じアトラクションのファストパスを発券する場合は注意が必要です。

FP2時間

FP乗車時間

他の人と差がつく発券の仕方

ファストパス・チケットは、その多くがお昼過ぎには発券を終了してしまいます

。発券が終了する前に、1枚でも多く取得する事が、混雑する東京ディズニーリゾートを満喫する鍵となるのは、言うまでもありません。

しかし実際には、発券ルールに縛られますから、ファストパス攻略が大事になってきます。

当ブログではパークの混雑レベルを「A混雑期」「B休日」「C平日」「D閑散期」の4つのレベルに分けています。

混雑レベルを4段階に分けて予想しています。現在2018年8月分まで掲載中。実際の結果は2018年5月分まで掲載中。

混雑レベルB・C・Dの日は、5枚の発券を目指しましょう。

いつもとは取る順番を変えて、たくさんのファストパスを取得する方法を伝授。開園から行けない場合や閉園までいれない場合など、さまざまなシーンに対応しています。

混雑レベルAの日は、4枚の発券を目指します。

トイレですら30分並ぶほどの混雑日に、なるべく多くのファストパスを取る方法を伝授。

バケーションパッケージのファストパス

バケーションパッケーでも、ファストパス・チケットが入手可能です。
バケーションパッケージとは、6か月前より公式サイトで申し込める、ディズニーホテル宿泊とパークチケットやファストパス・チケットがセットになったプランです。

バケーションパッケージのファストパス取得方法

バケーションパッケージのファストパス・チケットは、公式サイトよりバケーションパッケージを申し込んだ後、支払いを済ませると自宅に郵送されます。

バケーションパッケージのファストパス利用方法

バケーションパッケージで入手できるファストパス・チケットには、乗車できる時間の記載がありません。

もちろんファストパス対象のアトラクションに限りますが、1日の中で、どの時間で使ってもいいのです。

バケーションパッケージのファストパス種類

バケーションパッケージのファストパス・チケットには「A」と「D」の2種類が存在します

「A」は東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー全てのファストパス対象アトラクションで利用できます。
「D」は東京ディズニーシーの「トイストーリー・マニア」と「ニモ&フレンズシーライダー」を除く、全てのファストパス対象アトラクションで利用できます。

トイマニの空いてる時間帯や、ファストパスが無くなる時間など、混雑対策を詳しく解説。トイストーリーのマニアをめざせ!
東京ディズニーシーのポートディスカバリーにある「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、潜水艦に乗り込んで、映画「ファインディング・ニモ(ドリ...

バケーションパッケージは使い方を工夫する

バケーションパッケージではプランによって送られてくるファストパスの枚数が異なります。

例えばA1枚D3枚のプランで申し込むと、1人につき4枚のファストパスが送られてきます。両親と子供の3人家族ですと計12枚になりますが、これは平等に1人4枚ずつ利用しなくても大丈夫なのです。

お父さん3枚、お母さん3枚、子供6枚でも構いませんし、お父さんがホテルで休憩している間に、お母さんと子供で6枚ずつ使うこともできます。

優先入場整理券

優先入場整理券は正確にはファストパス・チケットではありませんが、ファストパス・チケットと同じように使いますので、参考程度に解説しておきます。

優先入場整理券の取得方法

優先入場整理券はアトラクションが不意にストップしてしまい数時間に渡り運営を中止する(システム調整と言う)場合、その時に乗車していて途中で降りなければならなくなった人や、待ち列に並んでいた人に、お詫びで配布されるチケットです。

ディズニーランドやディズニーシーに行くと、アトラクション入り口の前でキャストが「システム調整の為、運営を見合わせています」と、深々と頭を下げ...

すでに乗車していた人は全員に配布がありますが、待ち列に並んでいた人には全員ではありません。

例えば、90分待っていた人には配布されますが、並び初めて1分しか待ってない人には配布されないといった具合です。

その線引き(優先入場整理券自体)が公式アナウンスされていませんので詳しくは分かりませんが、僕自身、並び始めて10分程度で配布された事もあれば、20分待って配布されなかったこともあります。

優先入場整理券の利用方法

優先入場整理券は、他のアトラクションを1つ、優先的に乗車可能です。(ランド・シー共に、最新アトラクションには利用できない場合が多い)

ファストパス・チケットと異なるのは、ファストパス対象アトラクション以外でも利用できる点です。

ファストパス対応のアトラクションに使う場合は、通常のファストパス・エントランスからの入場=待ち時間の短縮となります。

ファストパスに対応していないアトラクションに使う場合は、直接乗り場に案内されて、実質待ち時間0分となります。(劇場タイプのアトラクションは性質上、次の公演まで待つ必要があります)

ファストパス利用の注意点

  • ファストパス・チケット、バケーションパッケージファストパス・チケット、優先入場整理券は、1人1枚必要です。
  • ファストパス・チケットの発券には、当日の入園記録のついたパスポートが必要です。過去に使ったパスポートや、未使用のものでも当日の入園記録が無いものでは発券できません。
  • ファストパス・チケットの発券には人数分のパスポートが必要ですが、代表者が全員のパスポートを持ち、全員のファストパス・チケットを発券する事が可能です。マナー違反にはなりません。
  • ファストパス・チケットは、記載されている乗車可能時間のみ利用できます。乗車可能時間より早い場合はもちろんのこと、1分でも過ぎると無効になります。
  • 発券したファストパス・チケットを紛失した場合、発券したアトラクションのキャストに発券で使ったパスポートを見せ、相談しましょう。
  • 入園に使ったパスポートの紛失などでファストパス・チケットを発券できなくなった場合は、ファストパス発券機付近にいるキャストに相談しましょう。
  • ファストパス・チケット、バケーションパッケージファストパス・チケット、優先入場整理券は、ファストパスエントランスを通過した後も使いますので、しっかりと手に持っておきましょう。

<スポンサーリンク>


当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

ブログ繁栄の為にポチお願いします。 にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
マナーを守りマウス