東京ディズニーリゾート情報・攻略ブログ

「スタンバイパス」が9/23よりスタート。ファストパスとの違いとは?

現在、東京ディズニーリゾートでは、待ち時間を短縮できる「ファストパス」を稼働させていません。アトラクションは全て、普通に並んで乗る「スタンバイ」のみの対応です。

ですが2020年9月23日(水)より、一部人気アトラクションで「スタンバイパス」を発行することが発表されました。

「ファストパス」ではなく、「スタンバイパス」です。

聞きなれない「スタンバイパス」とは、何なのでしょうか?そして、「ファストパス」とは何が違うのでしょうか?

簡単に言うと、
ファストパスは他の人を追い越せる優先券
スタンバイパスは「列に並んでもいいよ!」の許可証

謎が多い「スタンバイパス」の使い方から注意点まで、この記事で解説していきます。

スポンサーリンク

「スタンバイパス」とは、指定の時間に並べる(スタンバイできる)予約券

「ファストパス」と同様、入園後に東京ディズニーリゾート・アプリで取得できます。

使い方も「ファストパス」と同様、1時間刻みの指定時間(例・11:40-12:40)に、アトラクション入り口から入り、並びます。

「スタンバイパス」はアプリでのみ取得でき、アトラクション現地では取得できませんが、使い方は概ね、「ファストパス」と同じと考えて良いでしょう。

スポンサーリンク

「スタンバイパス」と「ファストパス」はどこが違うのか?

「スタンバイパス」は「ファストパス」とは異なる点がいくつかあります。

「ファストパス」に比べ、待ち時間が長くなる

「ファストパス」は優先案内でしたから、スタンバイで普通に並んでいる人をどんどん追い抜いてアトラクションを体験できました。

しかし、「スタンバイパス」は「待ち列に並んでもいいよ!」という許可証ですので、他の人を追い抜いて優先的にアトラクションを体験することはできません

ただ、「スタンバイパス」の案内中は、スタンバイパスを持たない人は並ぶことすらできませんから、並ぶ人数の制御が可能になります。

したがって、「スタンバイパス」を利用した時の待ち時間は、「ファストパス」利用時の待ち時間以上、普段のスタンバイ待ち時間以下。開きが大きすぎて申し訳ないのですが、20分~50分程度だと予想しています。

「スタンバイパス」の運用が始まったら、実際に体験して追記していきます。

「ファストパス」と異なる取得ルール

「ファストパス」は、2つ目のファストパスを取得するにあたり、

①1枚目のファストパスを利用してから
②1枚目のファストパス取得後2時間経過してから

①か②、どちらか早いほうの時間から2枚目のファストパスが取得できる

というルールがありました。

ところが、今回の「スタンバイパス」では、公式が②のルールに触れていないことから、①のルールのみ適用されるものと思われます。

つまり、現在取得している「スタンバイパス」をそのアトラクションで利用後に、次の「スタンバイパス」が取得できるという流れです。

「スタンバイパス」は同じアトラクションで複数回取得できない

「ファストパス」は、同じアトラクションのファストパスを1日で複数回取得できました。

しかし、「スタンバイパス」は同じアトラクションは1日1回までです。

「スタンバイパス」はアトラクション休止で無効に

取得している「スタンバイパス」の指定時間に、その対象のアトラクションが何等かの理由で休止している場合、取得している「スタンバイパス」は無効になります。

Azz
Azz

「ファストパス」はアトラクション復旧後に利用できたり、別のアトラクションへの振り替えがあったけど、「スタンバイパス」ではそれらの対応は無いのね!

また、「スタンバイパス」が無効になった場合でも、すでに取得したアトラクションの「スタンバイパス」は、再度取得できません。

スポンサーリンク

「スタンバイパス」対象アトラクションはトイマニとソアリン

「スタンバイパス」は、東京ディズニーランドでは対象アトラクションがありません。

東京ディズニーシーのみ、「トイストーリー・マニア!」と「ソアリン」の2つのアトラクションが対象となっています。

スポンサーリンク

「スタンバイパス」を取得できなかった場合の乗車方法

「スタンバイパス」を取得できないパターンは概ね以下の2パターンかと思います。

①東京ディズニーリゾート・アプリを使えない
→スマホを持っていない、グループ全員13歳以下でアカウントを持てない…など
②すでにその日の分の「スタンバイパス」が終了してしまった
→ファストパス同様、上限ありの先着順

①の場合は、該当アトラクションのキャストさんに声をかけると、代行して取得してくれます。

②の場合は、「スタンバイパス」を取得していない人が並べる時間帯(以下、フリー時間帯)に、いつものように普通に並ぶことができます。
ただし、フリー時間帯は運営状態により実施されない日があったり、実施される場合でも日により時間帯が変わるようです。

現在、パークチケットは9時から入園できる1DAYパスポートに加え、11時からと14時から入園可能な3種類が発売されています。

14時入園組がアトラクションを体験できなくなることを避けるため、フリー時間帯は14時以降に設定されるのではないかと予想しています。

スポンサーリンク

「スタンバイパス」が9/23よりスタート。ファストパスとの違いとは?まとめ

「スタンバイパス」は東京ディズニーリゾート・アプリでのみ取得可能です。入園までに東京ディズニーリゾート・アプリの最新バージョンをダウンロードしてくださいね。

Tokyo Disney Resort App

Tokyo Disney Resort App

Oriental Land Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

そして、東京ディズニーリゾート・アプリは、ディズニーアカウントの紐づけが必要です。あらかじめディズニーアカウントを取得しておきましょう。

東京ディズニーランドでは「スタンバイパス」対象アトラクションがありませんので、東京ディズニーシーに入園したら、

①同じアトラクションの「スタンバイパス」を日に複数回取得できない
②次の「スタンバイパス」は、すでに取得している「スタンバイパス」を利用後に取得できる
③アトラクションが休止になった場合、「スタンバイパス」は無効になる

これらのことを念頭に置いて取得しましょう。

コメント