ファストパスの効率のいい取り方。休日でも5枚!

スポンサーリンク


あなたは開園から閉園まで思いっきり東京ディズニーランドや東京ディズニーシーを楽しんだ場合、いくつのアトラクションでファストパスを発券していますか?

1枚ですか?2枚ですか?それとも3枚?

多くの人は3枚以下と答えるのではないでしょうか?僕が知り合いに同じ質問をしても、4枚以上と答えた人はいませんでした。

ファストパスは待ち時間を短縮してくれる便利なツールなので、より多くの枚数を入手した方が有利なのは、言うまでもありません。

僕は開演から閉園までフルで遊ぶ時は、いつも5枚、運が良ければ6枚のファストパスをゲットします。

3枚以下しか発券できない人もいれば、僕のように5枚以上発券できる人もいる。はたして、この違いは何なのでしょうか?

僕がいろいろ試してきた結果、

ファストパスを効率的により多くの枚数を発券するならば、発券する時間を意図的にずらすテクニックが一番有効

だと分かりました。

今日、このページに辿り着いたあなたはラッキー。僕がいつも実践しているファストパスの効率的な取り方を、このページで余す事無く伝授していこうと思います。

また、当ブログではパークの混雑具合をABCDの4段階に分けています。

混雑具合が4段階で分かる混雑予想のページはこちら

この記事で紹介するファストパスの取り方は、混雑レベルBCDの時に有効です。
A(混雑期)に該当する日はファストパスの取り方を若干変えなければいけません。

入園制限レベルの混雑日のファストパスの取り方はこちら

<スポンサーリンク>


ファストパスは何時まで残っているのか?

ファストパスの発券枚数には上限があります。上限に達すると、そのトラクションではファストパスの発券を終了してしまいます。

したがって、狙ったアトラクションのファストパスは、発券が終了する前に取得しなければなりません。

アトラクションによってファストパスの発券終了時刻が異なりますので、早く発券終了する順に見ていきましょう。

ディズニーランドのファストパスが無くなる順番

モンスターズインク
平日では12時前後、休日では10時前後に発券終了します。
プーさんのハニーハント
平日では12時半前後、休日では10時半前後に終了します。
スプラッシュマウンテン
平日では13時前後、休日では11時前後に発券終了します。
バズライトイヤー
平日では13時前後、休日では11時半前後に発券終了します。
ビッグサンダーマウンテン
平日では14時前後、休日では13時前後に発券終了します。
ホーンテッドマンション(ナイトメア期)※1
平日では15時前後、休日では13時前後に発券終了します。
スペースマウンテン
平日では16時前後、休日では14時前後に発券終了します。
スターツアーズ※5
平日では17時前後、休日では15時前後に発券終了します。
ホーンテッドマンション(通常期)※5
平日では17時前後、休日では16時前後に発券終了します。
イッツ・ア・スモールワールド
平日は基本的に発券なし。休日は13時前後に発券終了します。

ディズニーシーのファストパスが無くなる順番

トイストーリーマニア※2
平日では10時前後、休日では9時前後に発券終了します。
ニモ&フレンズシーライダー
平日では12時前後、休日では10時前後に発券終了します。
タワー・オブ・テラー(LEVEL13期)※3
平日では13時前後、休日では12時前後に発券終了します。
センター・オブ・ジ・アース
平日では15時前後、休日では12時前後に発券終了します。
インディージョーンズアドベンチャー
平日では16時前後、休日では12時前後に発券終了します。
タワー・オブ・テラー(通常期)
平日では17時前後、休日では13時前後に発券終了します。
マーメイドラグーンシアター
平日では17時前後、休日では14時前後に発券終了します。
レイジングスピリッツ
平日では17時半前後、休日では14時半前後に発券終了します。
マジックランプシアター※5
平日では18時前後、休日では16時前後に発券終了します。
海底2万マイル※5
平日では18時前後、休日では17時前後に発券終了します。

※1・ホーンテッドマンションではハロウィーンからお正月まで、通常バージョンではなくナイトメアバージョンで運営します。
※2・トイストーリーマニアはファストパスの発券自体に15分以上の待ち時間が発生します。上記で紹介した発券終了時間は、その列に並ぶのが締め切られる時間です。実際に発券する時間ではありません。
※3・タワーオブテラーでは1月~3月の間、絶叫度が増したLEVEL13バージョンで運営します。
※5・このアトラクションでは、平日はファストパスの発券を行わない場合があります。発券を行う場合でも、規定枚数が終了する前に発券中止となる可能性があります。

ファストパスは2時間おきに発券する人が多い

ファストパスを取得後、2枚目のファストパスが発券できる時間をおさらいしてみましょう。

・1枚目のファストパス発券の2時間後(2時間ルール)
・1枚目のファストパスが乗車可能になる時間(乗車時間ルール)

どちらか早いほうが適用されるのでしたね。

ファストパスの詳しい仕組みやルールをもっと知りたい場合はこちら

乗車時間ルールはあまり知られていない

乗車時間ルールが適用されるのは、開園と同時に入園して朝イチ、それも早い段階でファストパスを発券したアトラクションに限ります。

なぜなら、ファストパスは発券する人数に比例して、乗車可能時間が遅くなっていくからです。従って、2枚目以降に発券したファストパスは、乗車可能時間が2時間後以降になるのが普通です。

例えば、8時開園、アトラクションAの場合。10人がファストパスを発券すると乗車可能時間が5分進むと仮定します。

発券2

この例の場合、200人目までが乗車時間ルールの恩恵を受け、2枚目のファストパスを2時間以内に発券できます。201人目以降は、2時間ルールが適用されるわけです。

つまり、乗車時間ルールは、該当者が少ない為、あまり周知されていません。
逆に、2時間ルールは該当者が多い事になります。

すなわち、多くの人は、2時間間隔でファストパスを発券するのです。

2時間縛りがある為に、人気アトラクションを先に発券しておきたい心理がはたらく

東京ディズニーシーの「トイストーリーマニア」のファストパスは異常な人気で2枚目の発券では間に合いません。ですので、入園したら1枚目のファストパスとして真っ先にゲットするのは正しいです。

ですが、東京ディズニーランドのほうはどうでしょうか?

「モンスターズインク」と「プーさんのハニーハント」が2大人気の東京ディズニーランドでは、これら2つのアトラクションを1枚目のファストパスとして選ぶ人がとても多いのです。

これは「2枚目では間に合わない(発券終了している)かもしれない」という心理からだと思います。そして、その心理の源を辿ると、「乗車時間ルールを知らず、2時間おきにしか発券できないと思っている」という事実があります。

そう。「モンスターズインク」も「プーさんのハニーハント」も、休日では10時前後に発券が終了してしまうわけですから、乗車時間ルールを知らなければ1枚目でゲットしなきゃ!と考えるのは当然ですね。

しかし、ファストパスの発券時間を意図的にずらす事ができれば、2枚目の発券でも十分間に合います。詳しく見ていきましょう。

東京ディズニーランドでは、朝イチのファストパスを工夫

※当項目では、より攻略の難しい休日を例としています。

多くの人は開園後、20分程で1枚目のファストパスをゲットし、その後2時間間隔でファストパスを発券します。

それはすなわち、ファストパスの発券所は、8時20分・10時20分・12時20分と、2時間置きに混雑する事を意味します。

混雑するということは待ち時間が発生するわけで、10分程度のファストパス発券列が出来上がります。

すると、2枚目は10時30に発券、3枚目も10分待ちで12時40分に発券。4枚目は14時50分と、2時間おきに発券できるはずのファストパスが、実際は2時間10分おきの発券となるわけです。

乗車時間ルールを知らない人のファストパスの取り方

それを踏まえて、実際に多くの人の発券スタイルを見てみましょう。

8時20分「モンスターズインク」
10時30分「プーさんのハニーハント」
12時40分「ビッグサンダーマウンテン」(バズライトイヤーとスプラッシュは終了している)
14時50分「スターツアーズ」(スペースマウンテンは終了している)
17時00分すでに全てのアトラクションで発券終了

これは最速で空き時間無く取得した場合の例で、4枚が上限です。

では、いよいよ、乗車時間ルールを使って意図的に発券時間をずらすテクニックを解説していきます。

東京ディズニーランドでは、「モンスターズインク」か「プーさんのハニーハント」どちらかだけファストパスで乗る

東京ディズニーランドで朝イチでファストパスを発券する場合、「モンスターズインク」「プーさんのハニーハント」以外のアトラクションでは、乗車時間ルールの恩恵を受ける時間が長めです。(発券する人数が2つのアトラクションに比べて少ない為)

「モンスターズインク」か「プーさんのハニーハント」どちらかひとつに乗れればいい場合、それを2枚目に発券します。

1枚目のファストパスは「ビッグサンダーマウンテン」なり「スプラッシュマウンテン」なり、他のアトラクションで発券しましょう。すると2枚目のファストパスは30分~60分後に発券できます。

仮に2枚目のファストパスが9時に発券できたとして、2枚目に「モンスターズインク」か「プーさんのハニーハント」を発券すると、3枚目のファストパスは11時に発券できます。発券所が混雑する2時間ループを回避できるわけです。

3枚目のファストパスが11時に発券できるということは、休日11時前後で発券終了となる「スプラッシュマウンテン」か「バズライトイヤー」どちらかを3枚目に発券。

2時間後の13時には終了間際の「ビッグサンダーマウンテン」か「スペースマウンテン」を4枚目のファストパスとして発券できます。

15時には5枚目の「ホーンテッドマンション」か「スターツアーズ」も狙えます。

「モンスターズインク」と「プーさんのハニーハント」どちらも乗りたい場合

この場合、少し事情が異なります。どちらのファストパスも10時前後で発券終了する(休日の場合)ので、3枚目では間に合わないからです。

基本的に「プーさんのハニーハント」はファストパスを使わずに、スタンバイで乗ります。

1枚目で他のアトラクション、2枚目でモンスターズインクのファストパスを発券、プーさんのハニーハントは夜のシンデレラ城マッピングショーの時間にスタンバイで乗るのが、最も効率的です。

プロジェクションマッピングショーはシンデレラ城の正面で行われますから、正面からしか見る事ができません。多くの人がシンデレラ城正面側に集まるので、シンデレラ城の裏側に位置するファンタジーランド周辺は人が少なくなります。

そして、プーさんのハニーハントは、ファンタジーランドにあるのです。
プロジェクションマッピングショー開演前から、プーさんのハニーハントのスタンバイ待ち時間は60分を下回ります。30分~40分の日も珍しくありません。

また、スタンバイの待ち時間表示は、ファストパスを持ってる人を優先して乗車させる分も含まれています

人気のプロジェクションマッピングショーを見てからファストパスを使う人も多く、公演中のファストパス利用者が減りますので、待ち時間の表示以下で乗車できる事もあります。

狙う目安は、プロジェクションマッピングショー開演50~20分前です。

プロジェクションマッピングを開催していない日は、夜のパレード「エレクトリカルパレード」の時間を狙います。

東京ディズニーシーは2枚目の発券を工夫

※当項目では、より攻略の難しい休日を例としています。

多くの人は2時間間隔でファストパスを発券します。それはディズニーシーでも変わりません。

ただディズニーシーには「トイストーリー・マニア!」という強敵がいます。「トイストーリー・マニア!」は開園30分程でファストパスの列が締め切られてしまいますから、乗車時間ルールを使っても間に合わないのです。

ですが裏を返せば、ディズニーシーに入園する人はかなりの確率で1枚目のファストパスを「トイストーリー・マニア!」にしているという事。

それはつまり、2枚目の発券時間になった時の土俵が同じということです。2枚目で乗車時間ルールを使えばいいわけです。

「トイストーリー・マニア!」を発券する場合

「トイストーリー・マニア!」は開園すぐに1枚目として発券します。

「トイストーリー・マニア!」の詳しいファストパスの発券状況はこちら

2枚目に「マジックランプシアター」や「マーメイドラグーンシアター」「レイジングスピリッツ」「海底2万マイル」のどれかを発券すると、3枚目は乗車時間ルールの恩恵を受けますから、11時頃に発券できます。

3枚目では「センターオブジアース」「インディージョーンズ・アドベンチャー」あたりを取得するといいでしょう。4枚目は13時頃に発券できますから「インディージョーンズ・アドベンチャー」「タワー・オブ・テラー」あたりを取得します。

15時に5枚目に「マジックランプシアター」や「海底2万マイル」が取得できるでしょう。

「トイストーリーマニア」と「ニモ&フレンズ・シーライダー」両方の取得は難しいと思ってください。基本的に「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、夜の時間帯にスタンバイで乗ります。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」の詳しい待ち時間状況はこちら

「トイストーリー・マニア」を発券しない場合

1枚目で「ニモ&フレンズシーライダー」「トイストーリー・マニア」以外のファストパスを発券して乗車時間ルールの恩恵を受け、9時に2枚目で「ニモ&フレンズ・シーライダー」、「センターオブジアース」、「インディージョーンズ」から1枚を発券、

11時頃に3枚目が発券できますから、「インディージョーンズ」「タワーオブテラー」あたりから選ぶといいでしょう。

13時頃の4枚目では「レイジングスピリッツ」「マジックランプシアター」「マーメイドラグーンシアター」「海底2万マイル」から選びます。

さらに5枚目で「マジックランプシアター」「マーメイドラグーンシアター」「海底2万マイル」あたりが拾えるかもしれません。

夕方で帰宅する場合

※この項目は休日を例にしています。

夕方で帰宅予定の場合、おそらく発券できる枚数は2枚、多くて3枚かと思います。開園後、時間が経過してから発券するファストパスは、乗車時間が夕方以降になる場合が多いからです。

東京ディズニーランド

先ほどとは反対に、「モンスターズインク」か「プーさんのハニーハント」は1枚目のファストパスで発券します。2枚目では乗車時間が夕方以降になる為です。

10時になると2枚目のファストパスが発券できますから、絶叫系なら「スペースマウンテン」や「スターツアーズ」、非絶叫系なら「バズライトイヤー」を発券すると、帰宅時間に間に合います。

そして3枚目は「ホーンテッドマンション」の1拓になってしまいますが、なんとか3枚発券することができます。

東京ディズニーシー

ディズニーシーの場合も、「トイストーリーマニア」か「ニモ&フレンズ・シーライダー」を1枚目に取得します。2枚目では乗車時間が夕方以降になってしまう為です。

実際に入園ゲートを通った時間が開園時間から15分以内ならば、「トイストーリー・マニア!」も「ニモ&フレンズ・シーライダー」も、まだ乗車時間が夕方までのファストパスに間に合う可能性があります。

開園時間より15分以上経ってから入園ゲートを通った場合、乗車時間が夕方以降の可能性が高いのです。

「トイストーリー・マニア!」の詳しいファストパスの発券状況はこちら

晴れてどちらかのファストパスを発券できたならば、2枚目のファストパスは10時台に発券できます。2枚目は「トイストーリーマニア」「ニモ&フレンズ・シーライダー」以外の「どうしても乗りたいアトラクション」のファストパスを発券しましょう。

まだこの時間ならば、どのアトラクションのファストパスを発券しても帰宅時間に間に合いますが、3枚目に回してしまうと間に合わなくなってしまうからです。

そして3枚目は「マジックランプシアター」「海底2万マイル」あたりを発券すると、帰宅時間に間に合うでしょう。

開園から行けない場合

※この項目は休日を例にしています。

9時に入園する場合

東京ディズニーランド・ディズニーシー共に、乗りたいアトラクションの中から発券終了が早いものを優先して取得します。1枚目を9時に取得するわけですから、総発券枚数は1枚減りますが、自然と発券所の混雑ループを回避できます。

10時以降に入園する場合

まだ発券終了していないアトラクションの中でどうしても乗りたいアトラクションのファストパスを発券しましょう。入園時間が遅くなればなるほど選択肢が減っていきます。ファストパスを発券できなかった場合は、なるべく待ち時間の少ない時間帯にスタンバイで並んでくださいね。

東京ディズニーランドのアトラクションの待ち時間が少ない時間帯はこちら

東京ディズニーシーのアトラクションの待ち時間が少ない時間帯はこちら

<スポンサーリンク>


当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

マナーを守りマウス

コメント

  1. 誕生日がミキミニと一緒 より:

    先日友達とディズニーシーに行く時に活用させていただきました^ ^
    ファストパスの偉大さを痛感しました。
    全アトラクション制覇できたのは初めてでとても嬉しかったです。ありがとうございます
    今度ディズニーリゾートに行くときもまた活用させていただきたいと思いました❣️

    • R-hi より:

      コメントありがとうございます。
      お役に立ててよかったです。今後もブログをよろしくお願いいたします。

  2. ch!ka より:

    先週の土曜日に友達4人とシーに行った際、こちらのブログを参考にしたらファストパスを5枚発券することに成功しました!アトラクションのスタンバイも、どれも30分も並ばず乗ることができ、とても充実し、最高に楽しい思い出になりました!ありがとうございます\(^o^)/また、他のブログもすべて読ませて頂いたのですが、今まで知らなかった絶景スポットも見つけられてテンションが上がりました!ブログの記事にありました豆知識を話題に話が盛り上がって、ディズニーの良さを再認識することができました!本当にありがとうございます。