昨年との変更点アリ!ピクサー・プレイタイム2019は事前準備で差をつけろ!

スポンサーリンク


東京ディズニーシーで2019年1月11日(金)~3月25日(月)の期間おこなわれる「ピクサー・プレイタイム」は、たくさんのエンターテイメント、たくさんのスペシャルメニューで、とても盛大なイベントとなっています。

このイベントは昨年から始まったものですが、今年は変更点がいくつかあります。事前に知識を詰め込んで、思いっきり楽しみましょう!

東京ディズニーランドでは同期間、35周年イベントを開催しています。

TDR35周年の詳しい解説ページはこちら

<スポンサーリンク>


ピクサー・プレイタイム5つのエンターテイメント

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

ピクサープレイタイムでは、見るべきエンターテイメントが5つも用意されています。

ピクサー・プレイタイム・パルズ

ピアッツァ・トポリーノ、通称「ミッキー広場」で繰り広げられるショーです。ミッキー広場は入園してミラコスタの下を通ってすぐ先の広場ですね。

「トイ・ストーリー」「Mr.インクレディブル」「ファインディング・ニモ」の3つの世界で協力してゲームをクリアしていく、参加型のショーとなっています。

ラストにはメリダやレミー、モンスターズインク、カールじいさんなども登場し、今回のイベントのメインショーとなる位置づけです。

普段のハーバーショーのようにハーバー全域を使うショーではありません。観賞エリアはかなり少ないので、早めの確保を心がけてください。

変更点1

今年は抽選が導入されます。

抽選は座り見全てと立ち見の一部が対象となっています。当選番号の若い順に好きな場所を選べます。

抽選確率を上げる方法はこちら

レミーの“誰でも名シェフ”

メディテレーニアンハーバーの「ザンビーニブラザーズ・リストランテ」前で繰り広げられる「レミーの“誰でも名シェフ”は、「レミーのおいしいレストラン」に登場する人気フレンチレストラン「ラタトゥイユ」が舞台。

協力してスペシャルなフランス料理を作る、参加型のショーです。

こちらもハーバー全域でおこなわれるショーではないので、観賞スペースは少な目です。

変更点2

参加パートは前方数列のみ。それより後ろは観賞のみとなります。
また、座り見および立ち見前方は入れ替え制になる可能性があります。

ピクサー・パルズ・スチーマー

ピクサーの仲間がトランジットスチーマーラインに乗り込み、東京ディズニーシーの水上を一周するアトモスフィアショー(突如始まるゲリラショー)です。

トランジットスチーマーが見える場所ならば、パーク内のどこからでも観賞できます。ですが、意外と水面から高さのある場所が多く見下ろす形となる為、距離が気になります。

そこで、水面からも、キャラクターが乗るスチーマーラインからも距離が近い、かつ人通りが少なくて場所取りも容易なポイントをご紹介。

アメリカンウォーターフロントから大きな赤いハドソン橋を渡り、ダッフィーのエリア「ケープコッド」に入ったら矢印①の方向に直進しましょう。

エレクトリックレールウェイの電車の高架下より手前付近を確保すれば、メディテレーニアンハーバーから回ってきたキャラクターの乗るスチーマーラインが、すぐそばを通ります。

矢印②は灯台へ向かう道です。灯台への階段を登った場所も人が少ないのですが、水面から距離があるのでお勧め度は低いです。

ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ

アメリカンウォーターフロント、シンボルの大きな船「S.S.コロンビア号」の前でおこなわれる、世界的に有名なレーサーとなったライトニング・マックィーンと一緒にニューヨークエリアを練り歩くグリーティングドライブです。

変更点3

マックイーンと一緒にパレードに参加できる整理券の配布は、今年はありません。その代わり、今年はキャストさんがランダムで選んだゲストが参加できます。

東京ディズニーシー・マリタイムバンド

こちらはアトモスフィアショーと言って、スケジュールには載らない、突如始まるゲリラライブのようなショーです。

ピクサー映画の音楽を、マリタイムバンドが楽しく演奏してくれます。

エンターテイメント全体の注意点

東京ディズニーシー・マリタイムバンド以外の4つのショーは、公式サイトで日々のスケジュールが確認できます。メイン級のショーが4つもある事から、それぞれの時間がかなり接近したスケジュールとなっています。

良い場所で観賞したい場合、長時間待つ事が当たり前となっている東京ディズニーリゾートですから、これだけ接近したスケジュールだと全てを長時間待つことは不可能です。

良い場所で観たいショーは2つぐらいに絞って計画を立てるのをおすすめします。

特に「ピクサー・プレイタイム・パルズ(抽選無し回)」と「レミーの誰でも名シェフ」は、座り見参加パートなら90分前、立ち見なら45分前を目安に場所取りをすると良いでしょう。

他のショーは開始5分前でも比較的良い場所で観賞できます。

今回のイベントでは、参加型のショーが数多くあります。参加するもよし、参加せずに観賞するだけもよし、2つの楽しみ方ができます。ただ、参加する場合、参加中は写真や動画の撮影は禁止ですので注意しましょう。

各ショーの時間に注意

イベントのショーが複数あり、それぞれ日に数回公演するとなると、スケジュールが過密になります。以下3つのショーについては現在1月分までスケジュールが公開されています。

2019年1月

黄色は、初回公演がパーク開園時間より1時間以内に始まる日です。パルズは抽選制ですが、初回公演は抽選がありません。

マックイーンの赤は、最終公演がレミーの最終公演を観た後でも十分間に合う日です。

つまり、マックイーンの項目が赤く塗られている日はパルズの2回目公演の抽選をし、当たれば2回目公演を、外れれば1回目公演を観ます。そしてレミーの最終公演を観たあとにマックイーンの最終公演を観れば、1日でメイン級の3つのショーを観賞可能です。

ピクサー・プレイタイムいっしょにチャレンジ!

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

東京ディズニーシーに入園するともらえる「TODAY(ショースケジュールが記載されている冊子)」に挟まっているる用紙をゲットしたら、さまざまなミッションにクリアしてシールをあつめよう!

ゲームに参加

ウォーターフロントパークが、ボードゲームを象徴する場所に。ここではライトニング・マックィーンのタイヤ交換を手伝うゲームコーナーが登場。輪投げのブースもありますよ!

ポンテヴェッキオを渡り、ポートディスカバリー方面の道とミステリアスアイランド方面の道の三差路付近には、レミーの料理の仕上げを手伝うゲームコーナーが登場。

そしてポートディスカバリーとロストリバーデルタの境には、カールじいさんのゲームコーナーが登場です。

ピクサープレイタイムはスペシャルメニューも盛りだくさん!

力の入れようはエンターテイメントだけではなく、スペシャルメニューも凄い事になっています。全て制覇すると複数の福沢諭吉様が必要という、マニア泣かせのメニュー構成となっています。

ライトニング・マックィーン・セット ※1/13追加

アメリカンウォーターフロントのサンドイッチ専門店「ニューヨーク・デリ」では、カーズに登場するマックィーンの真っ赤なボディをイメージしたサンドイッチを召し上がれ!

カーズ2に日本が多く登場したからか、今年のマックィーンサンドは「すき焼きサンド」となっています。牛肉・水菜・しめじなど、すき焼きにお馴染みの具がサンドされていて、すき焼きがちゃんと再現されています。ただ、おでんに入っているようなおおきな塊りの白滝が入っているので、パンとの相性が気になります。個人的には無しだと思います。

「すき焼きサンド」は単品だと770円、ポテトとソフトドリンクがセットいなって1,150円です。

インクレディブル・ファミリー・セット ※1/13追加

アラビアンコーストのカレー屋「カスバ・フードコート」では、インクレディブルをイメージしたカレーを販売中です。

メインのカレーは「レッドカリー(中辛)フライドチキンとスコッチエッグ添え」。

見た目は赤いのですが、あまり辛さはありません。添えてあるフライドチキンは胸肉の薄衣でかれーとの相性ばっちし、スコッチエッグは給食以来でした(笑)

カレーの辛さは選べません。

レモンムース&ラズベリーゼリーとソフトドリンクがセットになって1,580円です。

クッキーサンド(チョコガナッシュ) ※1/13追加

モンスターズインクのマイクをイメージしたスイーツ「クッキーサンド」は、軽い食感のクッキー生地でマシュマロとガナッシュをサンドした、それはそれは、とっても甘いお菓子であります。

1つ400円、2カ所の店舗で販売しています。

アメリカンウォーターフロントのベイクドポテトの専門店「ハドソンリバー・ハーベスト」と

ロストリバー・デルタのメキシカン料理の「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」です。

ホットライチ―カクテル ※1/13追加

あったかいライチジュース。それ以上でもそれ以下でもないのですが、これはかなり美味しい!何がどう美味しいのか、語彙力の無さに定評のある僕には説明できませんが、美味しいです(笑)

ライチの実(もしかしたら梨かも)も入ってます。1杯400円、プラス400円でスーベニアコースターがつきます。

販売店舗は2つ

アメリカンウォーターフロントの「ハドソンリバー・ハーベスト」と

ロストリバーデルタのティポトルタのお店「トロピック・アルズ」です。

イベントメニューはまだまだありますので、今後どんどん追加していきます。

ピクサー・プレイタイムのデコレーション

昨年のデコレーションをいくつかご紹介。正式にイベントが開始したら、順次今年のものに切り替えていきます。

事前計画の重要性

ここまで紹介してきたように、今年のピクサー・プレイタイムは様々な変更点があるイベントです。そのうえショーの種類も多い。

単日の場合は優先度の高いエンターテイメントをピックアップしたり、場合によってはイベント期間中に複数日訪れるなど、なにかしらの対策は必要です。

特に、メディテレーニアンハーバーでおこなわれる2つのショーは、キャパはとても少ないので、優先度を上げて計画を立てると良さそうです。

<スポンサーリンク>


当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

マナーを守りマウス