「トランジットスチーマーライン」混雑対策と雑学

スポンサーリンク


トランジット

東京ディズニーシーにある「トランジットスチーマーライン」は、3つの乗り場と4つのコースがある蒸気船です。

海をテーマにした東京ディズニーシーらしいアトラクションは、移動に使えるコースもあります。うまく利用するとディズニーシー入り口と奥地を楽に移動できる優れもの。

この記事では、乗り場とコース、待ち時間などの情報を詳しく解説していきます。

<スポンサーリンク>


「トランジットスチーマーライン」の特徴

バリアフリー

トランジットスチーマーラインは、車いすや介助犬の利用も可能です。ただ、階段を伴わない車いす用の出口の関係で、座席が最前列に固定されますので、注意が必要です。(目の前には操舵室がある為、視界が真横のみとなります。)

各種制限

東京ディズニーリゾートの全てのアトラクションでは、2017年より年齢制限が撤廃され、身長制限のみに統一されました。しかしトランジットスチーマーラインには身長制限はありませんので、小さなお子様からお年寄りまで、どなたでも楽しむ事ができます。赤ちゃんは抱っこして利用する事ができます。

撮影

乗船中の撮影は自由に行えます。

ハーバーショーで運休

トランジットスチーマーラインはショーが開催されるメディテレーニアンハーバーを通る為、ショー開催中および開催前後は運休になります。(ショーの内容にもよりますが、1つのショーで2時間運休が目安。)
その為、イベントのショーなどが重なった時には、朝イチにすぐに運休になったあと、夜まで再開しない場合もあります。

メディテレーニアンハーバー乗り場

出典・東京ディズニーリゾート公式サイト

トランジットハーバー

ディズニーシーの玄関口、メディテレーニアンハーバーの乗り場からは、アトラクション「インディジョーンズアドベンチャー」などがある、奥地ロストリバーデルタ行きの船が出ています。メディテレーニアンハーバーを出発した船は、アメリカンウォーターフロント、ポートディスカバリーを経由して、ロストリバーデルタに到着します。

ロストリバーデルタ乗り場

出典・東京ディズニーリゾート公式サイト

ロストリバーデルタからは、メディテレーニアンハーバー行きの船が出ています。ロストリバーデルタを出発すると、アラビアンコースト、マーメイドラグーン、ミステリアスアイランドを経由し、メディテレーニアンハーバーに到着します。

アメリカンウォーターフロント乗り場

出典・東京ディズニーリゾート公式サイト

アメリカンウォーターフロント内、ダッフィーのエリアがあるケープコットからは、ディズニーシーを時計回りに1周するコースの船が出ています。ディズニーシーの全てのエリアを経由しますので、ディズニーシーが初めての場合、地理感を掴む為に利用するのもいいかもしれません。

臨時コース

変則コースとして、ケープコットとロストリバーデルタ間の折り返し運転も存在します。トランジットスチーマーラインは、メディテレーニアンハーバーでハーバーショーが開催されている時間及びその前後は運休になります。

この時、メディテレーニアンハーバーを経由しないケープコットとロストリバーデルタ間で、臨時の折り返し運行が行われるのです。
この折り返し運行は、3艘が連なって進むので、待ち時間は20分に固定されます。

向いている年齢と類似アトラクション

「トランジット・スチーマーライン」は、年齢関係なく楽しめるアトラクションですので、他のアトラクションに乗れない乳幼児におすすめです。

ぜひ乗りたい、おすすめの類似アトラクションは、

①ヴェネツィアン・ゴンドラ
ゴンドリエが漕ぐゴンドラは、メディテレーニアンハーバーへ。水の都ヴェネツィアにいるような、優雅な旅を楽しめます。

「ヴェネチアン・ゴンドラ」の詳しい解説はこちら

②エレクトリック・レールウェイ
ニューヨークと未来のマリーナを結ぶ、時空を越えた電車。移動手段としても利用でき、特に男児が喜びそうなアトラクションです。

「エレクトリック・レールウェイ」の詳しい解説はこちら

③蒸気船マークトウェイン号
おとなり東京ディズニーランドにある大きな豪華客船です。アメリカ河を巡る船旅では、インディアンの集落にも出会います。

「蒸気船マークトウェイン号」の詳しい解説はこちら

トランジットスチーマーラインの混雑対策

当ブログではパークの混雑状況により、「A混雑期」「B休日」「C平日」「D閑散期」の4つの混雑レベルを設定しています。入園当日の混雑レベルは混雑予想でご確認ください。

混雑レベルを4段階に分けて予想しています。現在2018年12月分まで掲載中。実際の結果は2018年7月分まで掲載中。

待ち時間は基本的に少ない

回転率の良いトランジットスチーマーラインは基本的に待ち時間が5分の場合が多く、混雑期などは一時的に15分~20分まで伸びる事もありますが、ごく短時間です。

どの乗り場も曜日に関わらず日中は5分待ち。午後に一時的に20分程度まで伸びますが、すぐに解消されます。

臨時便は待ち時間長め

ケープコットとロストリバーデルタ間の折り返し運行の時間帯は、注意が必要です。折り返し運行は臨時便ですので運行本数が少なく、1往復20分ですので、どんなに空いていても最低20分は待ちます。

ショー開催による影響

トランジットスチーマーラインは、待ち時間よりもハーバーショーに伴う運休に注意すべきです。運休になる時間はショーの内容や回数によっても異なりますので、事前に東京ディズニーリゾートインフォメーションセンターで確認しておくと良いでしょう。

乗場を間違えると逆効果

トランジットスチーマーラインは移動に利用できるアトラクションですので、計画的に利用しなければなりません。

例えば、朝イチでせっかく奥地のロストリバーデルタまで徒歩で行ったのに、ロストリバーデルタでトランジットスチーマーラインに乗ってしまうと、玄関口のメディテレーニアンハーバーまで戻されてしまいます。

逆に閉園間際にメディテレーニアンハーバーから乗ると、奥地のロストリバーデルタに行く事になります。
ディズニーシーは複雑な地形の為、玄関口のメディテレーニアンハーバーと奥地のロストリバーデルタ間は、徒歩で1km程歩く事になりますので、注意して下さい。

トランジットスチーマーラインのバックグラウンドストーリー

世界中の港を結ぶ小型蒸気輸送船。ディズニーシーの各港からも、世界各地に様々な物を運んでいます。オフィスはロストリバーデルタの乗り場付近にありますよ。

トランジットスチーマーラインの細かな設定・雑学

13艘ある船は外輪船と呼ばれる、浅い水深の運行に適した本物の蒸気船。

5色に分かれる船には1艘1艘、歴史的に有名な人物の名前が付いていて、船体にも記載されています。

赤色 PONCE DE LEON ・ NELLIE BLY ・ FRANCIS DRAKE
黄色 MARCO POLO ・ MOLLY BROWN
緑色 HENRY HUDSON ・ JOHN SMITH ・ SEBASTIAN CABOT
水色 JACQUES CARTIER ・ ADMIRAL PEARY ・ LEIF ERICKSON
青色 CAPTAIN COOK ・ AMERIGO VESPUCCI

引用:wikipedia

メディテレーニアンハーバーの乗り場には、近所でレストランを営むザンビーニ兄弟が作ったワインが出荷待ちをしています。

ロストリバーデルタの遺跡で発掘中のインディージョーンズも、トランジットスチーマーラインで発掘道具を運んでいるようです。

アメリカンウォーターフロントのデランシーケータリングでホットドックを買うと、ホットドックの包み紙がトランジットスチーマーラインの操縦士募集広告になっています。デランシーケータリング2

<スポンサーリンク>


当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

マナーを守りマウス