「タートルトーク」混雑対策と雑学

スポンサーリンク


東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにあるアトラクション「タートルトーク」は、映画ファインディング・ニモに出てくるウミガメのクラッシュとお話しができる、シアタータイプのアトラクションです。

人気アトラクションではありますが、ファストパスに対応していませんので、空いている時間を狙って効率的にクリアしなくてはなりません。

この記事では、待ち時間の傾向とストーリーなど、気になる情報を解説していきます。

<スポンサーリンク>


「タートルトーク」の特徴

マップ

出典・東京ディズニーリゾート公式サイト

東京ディズニーシーのマップ8時方向にあります。大きな船、S.S.コロンビア号が入り口です。

バリアフリー

タートルトークはシアタータイプのアトラクションですので、利用制限なく、どなたでも楽しむ事ができます。また、車いす専用エリアも用意されていますので、車いすのままご利用になれます。

各種制限

東京ディズニーリゾートの全てのアトラクションでは、2017年より年齢制限が撤廃され、身長制限のみに統一されました。しかしタートルトークには身長制限はありませんので、小さなお子様からお年寄りまで、どなたでも楽しむ事ができます。

体験時間

タートルトークはメインショーの前にプレショー(メインショーをより楽しむ為の前座のようなもの)があり、合わせて約30分となっています。表示されている待ち時間に30分を足した時間が、アトラクションから出て来る時間ですので、次の予定がある時は注意が必要です。

撮影

タートルトークでは、プレショー及びメインショーでフラッシュや液晶画面を使用した撮影は禁止されています。当然ながらスマートフォンの液晶も禁止です。
ファインダー撮影は可能となっています。

関連作品

映画「ファインディング・ニモ」に登場するキャラクターが登場しますので、あらかじめ映画を観ておくと、アトラクションをより楽しめます。

キッズベンチ

メインショーの部屋では、スクリーン前方はキッズベンチとなっています。後ろの席よりも座席が低くなっていますので、小さなお子様でも安心です。キッズベンチは子供専用ではなく大人も座れますが、あくまで子供優先となっています。

向いている年齢と類似アトラクション

年代・性別関係なく、全てのお子様が楽しむことができます。

ぜひ乗りたい、おすすめの類似アトラクションは、

①ニモ&フレンズ・シーライダー
東京ディズニーシーにある、潜水艦に乗り込んで海の仲間と触れ合うアトラクションです。画面に合わせて座席が動くシュミレータータイプ。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」の詳しい解説はこちら

②まっじくランプ・シアター
東京ディズニーシーにある、シアタータイプのアトラクション。シャバーンによるマジックショーが、最終的には・・・?

「マジックランプシアター」の詳しい解説はこちら

③スティッチ・エンカウンター
おとなり東京ディズニーランドにある、スティッチと会話を楽しめるシアタータイプのアトラクション。

「スティッチ・エンカウンター」の詳しい解説はこちら

「タートルトーク」の混雑対策

当ブログではパーク内の混雑状況によって「A混雑期」「B休日」「C平日」「D閑散期」の4つのレベルを設定しています。入園当日の混雑レベルは混雑予想でご確認ください。

混雑予想はこちら

「A混雑期」の傾向・・・待ち時間60分以下なら乗る

開園から10時までは30分~60分待ちです。他の人気アトラクションを考慮しなければ、朝イチでクリアするのもいいでしょう。
10時を越えると一気に混雑し12時までは70分~90分まで伸びます。12時以降は混雑が落ち着き60分程度まで減りますから、夕方で帰宅予定なら、ここでトライしましょう。18時を過ぎると40分~60分、20時以降は20~30分まで減り、21時半頃にラインカット(スタンバイ列の締め切り)です。夜の時間がおすすめです。

「B休日」の傾向・・・待ち時間40分以下なら乗る

やはり午前中が混雑しますが、10時頃までは30分~40分待ちですので狙い目です。10時以降は50分~70分。12時を回ると混雑も若干落ち着き、40分~60分程度に減ります。18時以降になると30分~40分待ち、最も空くのは20時以降で20分~30分待ち、ほぼ20分と思っていただいて構いません。

「C平日」の傾向・・・待ち時間30分以下なら乗る

開園から12時までは20分~40分待ち、12時以降は15分~30分待ちに減ります。18時以降、夜の時間帯は10分~20分待ちが閉園まで続きます。

「D閑散期」の傾向・・・待ち時間30分以下なら乗る

開園から閉園まではほぼ15分待ちです。どの時間帯にクリアしても大丈夫そうです。

「タートルトーク」のストーリーを知る・バックグラウンドストーリー

SSコロンビア号の船尾にある海底展望室。この部屋には海底を一望できる窓があり、海の仲間を眺める事ができます。窓の外には、クラッシュやドリー、スクワートやハンクなど海の仲間とお話しができる翻訳マイク、「ハイドロフォン」が設置されています。さぁ、今日はどんな仲間とお話しができるかな?

「タートルトーク」の雑学・細かな設定

海の仲間とお話しができるハイドロフォンの仕組みはとても簡単。
ハイドロフォンに向かってしゃべると、 ハイドロフォンが振動をとらえて、トランスフォーマーレシーバからルーズカプラーに、ここで周波数を合わせてから、トランスレートメーターに送ります。 あっ、 トランスレートメーターはあらかじめ4種類までプリセットできるんですよ! 当然ですが、ボルメターで増幅された信号は、 パッチパネルからモニタリングゲージを経由して、 ファインチューナーからヘッドホンやスピーカーに届くってわけで、※÷△$※▲%□…ってわけなんです
ねっ!簡単でしょ!

ウェイティングエリア(待ち列)には様々な絵が飾られています。この中には隠れミッキーはもちろん、珍しい隠れグーフィーもいます。

クラッシュは海の世界しか知らないので、手の事をヒレと言ったり、洋服の事をサンゴと言ったりします。

席に座ってから始まるまでの間、グループで何かしら話をしていると、クラッシュに指名される確率が上がります。

<スポンサーリンク>


当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

マナーを守りマウス