「蒸気船マークトゥエイン号」混雑対策と雑学

スポンサーリンク


蒸気船マークトゥエイン

東京ディズニーランドのウエスタンランドにあるアトラクション「蒸気船マークトゥエイン号」は、豊かな自然が広がるアメリカ河を巡る、「水上の宮殿」とも比喩される大型船舶アトラクションです。

<スポンサーリンク>


「蒸気船マークトゥエイン号」の特徴

バリアフリー

蒸気船マークトゥエイン号は、車いすのまま乗車できます。ただ、船内はエレベーターが無いので、車いすは1階部分のみの利用となります。

各種制限

東京ディズニーリゾートの全てのアトラクションでは、2017年より年齢制限が撤廃され、身長制限のみに統一されました。

しかし蒸気船マークトゥエイン号には身長制限はありませんから、どなたでも楽しむ事ができます。

撮影

乗船中の撮影は自由に行えます。

運営時間

蒸気船マークトゥエイン号は、開園1時間後から運営が始まります。

夜に開催される花火の時間帯は、安全のため運休となります。

「蒸気船マークトゥエイン号」の混雑対策

当ブログでは、パーク内の混雑状況により、「A混雑期」「B休日」「C平日」「D閑散期」の4つのレベルを設定しています。入園予定日のレベルは混雑予想でご確認下さい。

蒸気船マークトゥエイン号はゲストの乗り降り時間含め、20分間隔で出港します。475名と多い定員のおかげもあり、パークの混雑状況に左右されず、ほぼ100%次の便に乗船できます。
その為、待ち時間は混雑状況に関わらず、常に20分です。
他のアトラクションが混雑する午後の時間帯に乗船するのが効率的です。

「蒸気船マークトゥエイン号」のストーリーを知る・バックグラウンドストーリー

小説「トムソーヤの冒険」の作者、マークトゥエインの名がつけられた豪華客船に乗って、フロンティア時代のアメリカ河を1周。未開の地ではインディアン達の生活を眺める事もできます。

「蒸気船マークトゥエイン号」の雑学・細かな設定

船内は4階建て。4階には操舵室があります。ゲストが立ち入る事ができるのは3階までで、1層目がメインデッキ、2層目がプロムナードデッキ、3層目がテキサスデッキと、それぞれ名前がついています。

「マークトゥエイン」とは、蒸気船がギリギリ河を航行できる「推進3.6m」の合図。「トゥエイン」とは数字の「2」であり、「2ファゾム(約3.6m)」

船舶法に基づき、浦安市に船舶登録をしています。

蒸気船の燃料は、以前は重油でしたが、環境に配慮し、軽油に変わりました。ボイラーの免許を持ったキャストが、ウエスタンリバー鉄道と掛け持ちで、ボイラールームを担当しています。

航海の途中、インディアンの生活を覗く事ができます。

インディアン

<スポンサーリンク>


当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

マナーを守りマウス