2019年2月ディズニー混雑予想

スポンサーリンク


当ブログでは、混雑具合によって4つのレベルを設定しています。
(晴れの日を想定)

混雑

A各アトラクションページで「A混雑期」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
      目安:人気アトラクション150~240分待ち、ポップコーン30~40分待ち
B各アトラクションページで「B休日」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション120~180分待ち、ポップコーン15~20分待ち
C各アトラクションページで「C平日」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション60~120分待ち、ポップコーン5~10分待ち
D各アトラクションページで「D閑散期」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション30~60分待ち、ポップコーン待ち無し
  (閑散期レベルはある程度自由に回っても大丈夫です)

スポンサーリンク


2019年2月の混雑予想

イベント

東京ディズニーランドでは「35周年グランドフィナーレ」を、東京ディズニーシーでは「ピクサー・プレイタイム」を開催中です。

サプライズがいっぱいの35周年を、ポイントを絞ってご紹介。
複数のショーが同時刻に開催され、昨年からの変更点もあるピクサー・プレイタイム。快適に楽しむ為のポイントや、スペシャルメニューを詳しく解説。

ディズニーランド

・東京ディズニーランドでは、2017年10月のスタージェットのクローズを受け、パレードの運営に変更があります。お昼のパレード「ドリーミング・アップ!」では、トゥモローランドでの停止ショータイムは無く、観賞スペースも大幅に削減されていますので、注意が必要です。

ディズニーシー

・昨年人気だった「ピクサー・プレイタイム」の影響で、東京ディズニーランドより混雑度は上です。

・「ピクサー・プレイタイム」のショーのひとつ「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」は、昨年は整理券が必要でしたが、今年は整理券がありません。

両パーク共通

2月は学生が増え、混雑が著しくなる時期ですが、上旬は比較的穏やかです。

中旬から下旬は日ごとに混雑が増してきます。年間で最も混雑するのは3月ですが、2月中旬から少しずつ増えるのに加え、首都圏の入試状況によって学生が多くなります。

学生が増えるとファストパス対応アトラクションの混雑が著しくなりますので、この時期のファストパス対応アトラクションは、混雑予想のランクを一つ上げて下さい。

▶東京ディズニーランドのアトラクション詳しい混雑解説はこちら

▶東京ディズニーシーのアトラクション詳しい混雑解説はこちら

スポンサーリンク

フォローまでしちゃう