ディズニーシーの写真スポット・アメリカンウォーターフロント編

インスタグラムを代表に、SNSへの写真投稿が流行している昨今、フォトジェニックな場所を探すのも、東京ディズニーリゾートの新しい楽しみ方として定着しています。

アトラクションにパレードに食事にショッピングにと、なにかと慌ただしいディズニーリゾートでの1日。記念写真もスマートに撮りたいですね。

そんな慌ただしいあなたに朗報!

とても親切な事に、この写真の看板が目印となる、東京ディズニーリゾート公式のフォトスポットが、パーク内にはたくさんあります。

公式スポンサーである富士フィルムがオススメするスポットばかりですから、景色の良さは折り紙付き。

また、公式が提案しているスポット以外にも、写真映えする僕のオススメの場所が多数ありますので、エリア別にご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

ニューヨークでフォトジェニックな場所

今回は大きな客船S.S.コロンビア号が象徴的なエリア、アメリカンウォーターフロントの写真スポットをご紹介。

アメリカンウォーターフロントはさらに、大きく3つのエリアに分かれます。

まずはS.S.コロンビア号のおひざ元、ニューヨークエリアです。

タワーオブテラーをどうしても撮っておきたいあなた!

ニューヨークエリアでは大人気アトラクションの「タワー・オブ・テラー」の建物も大変よく目立ちます。タワー・オブ・テラーの目の前には噴水の出ている「ウォーターフロントパーク」もあり、皆さんそこでタワー・オブ・テラーをバックに記念撮影をされているみたいですね。

ですが、ウォーターフロントパークからタワー・オブ・テラーを撮ると

このようにウォーターフロントパークの柱が邪魔をしてしまいます。

そこで、タワー・オブ・テラーのある通りまで抜けて

ちょうどファストパス発券機の前あたり、矢印の場所で下から見上げるようにシャッターを切ります。すると

タワー・オブ・テラーの建物を余す事なく、画面に収める事ができます。

建物すべてがフォトスポット

ニューヨークエリアは、エリア名の通り、ニューヨークの街並みを再現しています。適当な建物の前で記念写真を撮れば、おのずと海外にいるような素敵な1枚ができあがります。

その中でも、あまり人が通らない、オススメのスポットをご紹介。

パークを入園し、アメリカンウォーターフロントの入り口に辿り着くと、道が3本に分かれます。左からトイストーリー・マニア方面、タワー・オブ・テラーの方面、プロメテウス火山方面です。

写真の矢印の通り、真ん中のタワーオブテラー方面へと進みます。するとすぐに

右手に「スチームボート・ミッキーズ」というショップがありますので、その手前を右に曲がります。

すると、そこはもう人影も限りなく少ない、裏路地。

この建物の前で貸し切り状態でいろんなショットが楽しめます。

とりあえず船に乗れ

ニューヨークエリアのフォトスポット、最後はS.S.コロンビア号の船上からの風景です。当記事トップ画像に写っている船ですね。

この船、中に入れるって知ってました?

中に入ったらCデッキを目指しましょう。

Cデッキからはいつも渡っている赤い「ハドソン橋」を一望できます。

水上を走る「トランジットスチーマーライン」とのコラボも撮れますよ!

番外編として、ディズニーとは関係ないのですが、このCデッキでハドソン橋をカメラに収めたら、後ろを振り返って反対側を見てみましょう。

東京湾も一望できます。

スポンサードリンク

トイストーリーエリアは夜景がおすすめ

不動の人気№1アトラクション「トイストーリー・マニア」のあるエリアは、皆さんご存知かと思いますが、

巨大なウッディをバックにシャッターを切るのが、最もポピュラーかと思います。

このエリアは正式名称を「トイビルトロリーパーク」と言い、移動遊園地の設定です。夜になると眩しいくらいの灯りがともりますから、ぜひ夜景を楽しんでみてください。

ケープコッドで田舎町の思い出

アメリカンウォーターフロントの3つ目のエリア「ケープコッド」は、小さな田舎町。最近ではダッフィーフレンズの町と言ったほうが伝わりますかね?

ここでもニューヨークエリア同様、田舎町を忠実に再現していますから、適当に建物の前でカメラを構えれば、それなりの写真になります。その中でも、オススメの2カ所をご紹介します。

ニューヨークエリアからハドソン橋を渡ってケープコッドへやってくると、

道が2つに分かれます。左は灯台方面、正面はプロメテウス火山方面です。

まずは①の矢印、プロメテウス火山方面へ進んでみましょう。しばらく進むと左手に納屋?のような建物が。

以前、オズワルドのグリーティングをおこなっていた場所です。

グリーティングの場所としても選ばれるぐらい、田舎町の雰囲気たっぷりのスポットですね。

そして②の矢印、灯台方面へ進むと、右手にはダッフィーのショーを観ながら食事のできるレストラン「ケープコッド・クックオフ」の入り口があります。その少し先、右手側には、

まるでアメリカの親戚の家に遊びにきたかのようなスポットが。(アメリカに親戚なんていないけどw)

そしてケープコッドの象徴といえば灯台です。

灯台を取り囲む柵の向こう側に人がいるの分かります?そう、灯台のふもとまで上がっていけるんです。だから柵があるのですが(笑)

この高い場所から見下ろす夜景がきれいなので、ぜひ夜に上ってみてくださいね。

クリスマス時期はさらに幻想的ですよ!

いかがでしたか?次回は未来のアリーナ「ポートディスカバリー」と、謎の天才科学者ネモ船長が研究を進める「ミステリアスアイランド」のフォトスポットをご紹介します。お楽しみに!

スポンサードリンク

当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

ブログ繁栄の為にポチお願いします。 にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
マナーを守りマウス