「ピーターパン空の旅」混雑対策と雑学

スポンサーリンク


東京ディズニーランドのファンタジーランドにあるアトラクション「ピーターパン空の旅」は、空飛ぶ海賊船に乗り込み、映画ピーターパンの世界を上空から楽しむ、ほのぼの系アトラクションです。
いつも長い待ち時間となる同アトラクションですが、待ち時間が減るポイントを押さえて効率的にクリアしていきましょう。

<スポンサーリンク>


ピーターパン空の旅の特徴

バリアフリー

ピーターパン空の旅は、車いすに対応していません。乗場はスロープを上がった先にありますので、車いすを降りてからは自力もしくは同伴者の介助で、スロープを登る必要があります。また、乗り場は動く歩道になっていています。同じく動く歩道を採用している「ホーンテッドマンション」は、ライドを停止して乗り降りさせてくれますが、ピーターパン空の旅はライドは一切停止しません。
その為、動く歩道から動くライドに乗り込む形です。

また、天井から吊るされたライドの特性上、緊急時はハシゴを使って脱出する事もありますので、バリアフリー度を点数で表すとすれば、残念ながら0点に近いアトラクションです。

各種制限

東京ディズニーリゾートの全てのアトラクションでは、2017年より年齢制限が撤廃され、身長制限のみに統一されました。しかしピーターパン空の旅には、身長制限はありません。内容もほのぼの系アトラクションですので、老若男女が楽しむ事ができます。ただ、座った状態で安定した姿勢を保てない方は乗車できません。

ピーターパン空の旅の混雑対策

当ブログでは、パークの混雑具合を「A混雑期」「B休日」「C平日」「D閑散期」の4つのレベルで分けています。パークに行かれる日のレベルは、混雑予想で確認して下さい。

ピーターパン空の旅は回転率が悪い為、待ち時間が長くなりやすいアトラクションです。ファストパスには対応していませんので、スタンバイで乗る以外に手はありません。

「A混雑期」の傾向・待ち時間60分以下なら乗る

混雑期のピーターパン空の旅は、とても混雑します。開園から9時頃までは40~50分待ちですが、9時を過ぎると60~80分待ちが15時頃まで続きます。スターライトパスポートで入園できる15時を過ぎると、さらに待ち時間が増え、18時頃まで80分~90分待ちとなります。18時を回ると待ち時間は40分~60分に減りますので、なるべく遅め、1日の最後のアトラクションにするといいでしょう。
夕方で帰宅予定の場合は、朝イチ、何かしらファストパスを発券した後に、最初のアトラクションとします。

「B休日」の傾向・待ち時間45分以下なら乗る

休日のピーターパン空の旅も、朝から混雑期に匹敵するぐらいの待ち時間となります。それでも開園から9時頃までは20分~40分待ち程度ですので、他のアトラクションでファストパスを発券した後に最初のアトラクションとするのもいいでしょう。
9時を過ぎると18時頃まで50分~70分待ちが続きます。瞬間的に40分程度まで減る事もありますので、たまたま通りかかった時に40分待ちなら乗車してしまったほうが効率的です。
18時を過ぎると30分~50分の待ち時間に減りますので、やはり夜がお勧めです。

「C平日」の傾向・待ち時間30分以下なら乗る

ピーターパン空の旅は、平日だからと言って油断してはいけません。
開園から10時頃までは20分~40分の待ち時間ですので、朝イチで他のファストパスを発券した後に乗車してもいいでしょう。
10時を越えると30分~50分程度の待ち時間が18時頃まで続きます。18じ以降は20分~30分待ちに落ち着きますので、やはり夜も狙い目です。

「D閑散期」の傾向・待ち時間30分以下なら乗る

閑散期レベルの日は、終日20分~40分待ちで推移します。どの時間帯でも、たまたま通りかかった時に30分待ち以下なら乗車すればいいのですが、やはり開園から1時間と閉園前は待ち時間が20分以下になる事もありますので、その時間帯を狙うと、より効率的です。

ピーターパン空の旅のストーリーを知る・バックグラウンドストーリー

ティンカーベルにピクシーダスト(妖精の粉)をかけてもらったら、さぁ出発。ピーターパンと一緒に空を飛びながらネバーランドを目指します。

ピーターパン空の旅の雑学・細かな設定

ピーターパン空の旅の建物上部には、海賊船の形をした風見鶏が設置されています。

乗場にはティンカーベルが待機。乗り込む海賊船が空を飛べるようにピクシーダストをかけてけれます。

<スポンサーリンク>


当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

ブログ繁栄の為にポチお願いします。 にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
マナーを守りマウス