2018年8月ディズニー混雑予想

当ブログでは、混雑具合によって4つのレベルを設定しています。
(晴れの日を想定)

混雑

A各アトラクションページで「A混雑期」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
      目安:人気アトラクション150~240分待ち、ポップコーン30~40分待ち
B各アトラクションページで「B休日」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション120~180分待ち、ポップコーン15~20分待ち
C各アトラクションページで「C平日」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション60~120分待ち、ポップコーン5~10分待ち
D各アトラクションページで「D閑散期」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション30~60分待ち、ポップコーン待ち無し
  (閑散期レベルはある程度自由に回っても大丈夫です)

各アトラクションページはこちら
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー

スポンサードリンク

2018年8月の混雑予想

イベント

「東京ディズニーリゾート35周年 Happiest Celebration!」
4月15日(日)~2019年3月25日(月)東京ディズニーリゾート全体

サプライズがいっぱいの35周年を、ポイントを絞ってご紹介。

「ディズニー夏祭り」7月10日(火)~9月2日(日)ディズニーランド

「ディズニー・パイレーツ・サマー」7月10日(火)~9月2日(日)ディズニーシー

ディズニーランド

・4月15日より35周年イベントが始まっています。「リゾート」と銘打ってはいますが、東京ディズニーランドの35周年ですので、メインはランド、他はおまけ程度と考えて差し支えないと思います。

・東京ディズニーランドでは、2017年10月のスタージェットのクローズを受け、パレードの運営に変更があります。トゥーンタウン入り口付近は観賞スペースが大幅に減っているので、注意して下さい。

・東京ディズニーランドでは4月より、メインエントランス(入園口)の改修工事の影響で、駐車場側のゲートが閉鎖されます。舞浜駅側の半分のゲートでの対応となるので、入園方法に若干の変更がみられます。

チケットブースと入園ゲートの半分閉鎖に伴い、入園方法に様々な変更点が。チケット購入に60分の待ち時間が発生している日に数分でチケットを購入する裏ワザとは?当日困らない為の情報を全て集めてありますので、パークに行く前に要チェック!

・東京ディズニーランドでは7月10日より、シアターオーリンズにて「ミニー・オー・ミニ」-の後継ショー「レッツ・パーティグラ!」が、夜のシンデレラ城でのプロジェクションマッピング「Celebrate! Tokyo Disneyland」がスタートします。

ディズニーシー

・東京ディズニーシーでも35周年イベントを開催しますが、グリーティングショーと呼ばれるミニショーのみです。

・東京ディズニーシーでは7月10日より、ドックサイドステージにて「ステップ・オン・シャイン」の後継ショー「ハロー、ニューヨーク!」がスタートします。

両パーク共通

8月は夏休みの混雑の本番です。お盆の時期は特に注意が必要で、35周年イベントを開催している東京ディズニーランドでは、13日~15日が入園制限クラスの大混雑となりそうです。実際に入園制限になるのは13日と14日とみています。

後半になると平日・休日関係なく混みます。例年、夏休み最終日は空きますが、今年の夏休み最終日は9月2日ですので注意しましょう。

また、両パークで7月9日より9月26日まで夜の花火「ブランニュードリーム」はお休みとなりますのでご注意ください。

スポンサードリンク

休止施設情報

ディズニーランドの休止施設

  • ホーンテッドマンション
    2018/8/20 – 2018/8/31

  • ブランニュードリーム(東京ディズニーランド)
    2018/7/9 – 2018/9/26

  • プロムナードギフト
    2018年4月16日 – 

  • キャリッジハウス・リフレッシュメント
    2018年4月1日 – 2019年12月31日

ディズニーシーの休止施設

スポンサードリンク