2018年1月ディズニー混雑予想

当ブログでは、混雑具合によって4つのレベルを設定しています。
(晴れの日を想定)

混雑

A各アトラクションページで「A混雑期」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
      目安:人気アトラクション150~240分待ち、ポップコーン30~40分待ち
B各アトラクションページで「B休日」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション120~180分待ち、ポップコーン15~20分待ち
C各アトラクションページで「C平日」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション60~120分待ち、ポップコーン5~10分待ち
D各アトラクションページで「D閑散期」と書かれた混雑傾向を参考にして下さい。
  目安:人気アトラクション30~60分待ち、ポップコーン待ち無し
  (閑散期レベルはある程度自由に回っても大丈夫です)

スポンサードリンク

2018年1月の混雑予想

イベント

東京ディズニーランド・東京ディズニーシー共に、1月5日(金)までお正月イベント開催期間です。

1月11日(木)から、東京ディズニーランドでは今年で最後の「アナとエルサのフローズンファンタジー」が
東京ディズニーシーでは、初となる「ピクサー・プレイタイム」が開催されます。

ディズニーランド

・東京ディズニーランドでは、2017年10月のスタージェットのクローズを受け、パレードの運営に変更があります。トゥモローランドでは、観賞スペースも大幅に削減されていますので、注意が必要です。

・2018年3月で終了するショー「ミニー・オー・ミニー」は、見納め需要で混雑が予想されます。

ディズニーシー

・初開催となる「ピクサー・プレイタイム」の影響で、東京ディズニーランドより混雑度は上です。特に1月中はショーを中心に人が集まるので、ショーに関しては早めの場所取りをお勧めします。

・「ピクサー・プレイタイム」のショーのひとつ「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」は、パーク開園時間より配布される整理券が必要です。恐らく開園1時間以内には配布終了となるので、注意しましょう。

両パーク共通

1月のパークは、年間で最も空いている閑散期です。お正月イベント期間はそれなりに混雑しますが、それを過ぎると平日を中心にガラガラとなります。

ただ、閑散期のパークは開園時間や閉園時間が普段と異なるので、事前の確認は必須です。

また、平日に入試休みが重なると学生が増え、絶叫系アトラクションが混雑する傾向があります。絶叫系アトラクションに関しては、混雑レベルを1つ上げておくと安心です。

スポンサードリンク

休止施設情報

ディズニーランドの休止施設

ディズニーシーの休止施設

スポンサードリンク