アンバサダーホテルでクリスマスランチ・・・2017.11.25インレポ(2)

シェアしちゃう

イクスピアリに隣接するディズニー・アンバサダーホテルのエンパイアグリルで、11月25日まで提供されているクリスマスランチのご紹介です。

この日は東京ディズニーランド・ディズニーシーともに入園制限となり、制限が解除されるまでの間、アンバサダーホテルにお邪魔してきました!

制限解除後のディズニーシーインレポはこちら

大混雑のディズニーシーのクリスマス・・・2017.11.25インレポ(1)
東京ディズニーランド・ディズニーシー共に入園制限となった11月最後の週末。この日は入園制限の為アンバサダーホテルで時間を潰していると、1...

スポンサードリンク

エンパイアグリルはコース料理のレストラン

アンバサダーホテルのエンパイアグリルは、フレンチや和食など、ジャンルにこだわらないカルフォルニア料理をコースで楽しめるレストランです。

「エンパイア」のグリルですから、「天皇の料理番」的扱いでよろしい?そんな高級感漂うレストランなので、お値段もそれなり。

ランチでは5,000円、ディナーだと10,000円を予算に見積もっていれば間違いないでしょう。

最高のごちそうは「お茶漬け」、愛用の服は「ユニクロ」、毎晩の晩酌は「発泡酒」、愛車は「ママチャリ」、愛用の香水は「ファブリーズ」な、超庶民的な僕ですから、一食に万単位も出せません。

でも少しばかり背伸びをして、ランチならもしかすると・・・。

てなわけで、クリスマスのランチコースを堪能してきました。

お店がお店ですから、ここはいつもより上品に振舞わなければなりません。

クリスマスランチは4,500円

おクリスマスランチは前菜・スープ・メイン料理の順に提供されますの。

最初に運ばれてくるブレッドはお替わりもいただけます。

丸いのはサワークリーム、細長いのはクランベリーとピーカンナッツのブレッドです。バジルのおソースかトマトのおソースをそっと添えていただきます。

特にサワークリームのブレッドが大変美味しゅうございました。お替わりをお願いすると、その度に焼き上げて持ってきてくださるの。

アタクシ、三度ほどお替わりをお願いしましてがっついてしまったものですから、その段階で上品さなど微量も無いわなっ!!

前菜は鴨肉をリース仕立てに

パンをがっついていると、前菜が運ばれてきました。

前菜は「軽くスモークした鴨胸肉のサラダ・リース仕立て・クルミのヴィネグリット」です。

なんでコース料理って、いちいち料理名が長いんでしょうね(笑)

クリスマスリースに見立てた前菜は、鴨肉とオレンジが相性バッチリで、オレンジの酸味が爽やかなドレッシングに早変わり。

個人的に酢豚に入ったパイナップルや、ポテトサラダに入ったリンゴなどには否定的なのですが、鴨とオレンジは美味しかったですね。

冬にピッタリな濃厚スープ

前菜をあっと言う間にたいらげ、暇つぶしにパンをがっついていると、スープが運ばれてきました。

「里芋と長ネギのスープ~根菜チップを添えて~」

副題!副題!料理名に副題がついてる(笑)

ベースは里芋で、長ネギの風味もするポタージュスープです。さつまいもとレンコンのチップと一緒にいただくと、食感も楽しめますのでオススメ!

原材料の都合なんでしょうけど、公式の写真には人参のチップも添えてあるのに、実際出てきたスープにはありませんでした。ちょっと残念。

メイン料理は2種類から選択

人参が無かったことで心なしかスープを早く飲み終わったので、暇つぶしにパンをがっついていると、メイン料理が運ばれてきました。

メイン料理は2種類用意されていて、好きなほうを選択できます。

まずは「米沢豚一番育ちのグリル・グリーンタプナードソース」から。

とりあえず「一番育ち」ってなによ?と思いググってみると、「米沢豚一番育ち」という豚肉のブランドみたいですね。

「柔らかく上質な肉の味わいと、旨味と甘みの脂が特徴」だそうで。
確かに!旨味と甘みが調和した上質な柔らかいお肉だったような気がする!!!

そして「グリーンタプナード」ってなによ?と思いググってみると、「オリーブ オリーブオイル にんにくを使ったプロヴァンス地方のペースト」だそうで。

なんのこっちゃ分からないけど、美味しかったです。

2つ目のメイン料理は
「真鯛と帆立貝のムースリーヌ・シュリンプとホワイトポレンタ~クリュスタッセソースと共に~」

きたこれ!長い料理名と副題のコラボ(笑)

もはや「真鯛」と「帆立貝」しか理解できる単語が無いので、面倒で調べるのやめました。

でもこれ、めちゃくちゃ美味しい!かまぼことムースの間ぐらいの食感のムースを割ると、中から帆立貝がゴロゴロ。

濃厚なオマール海老のソースは、海老の甘味が淡泊な味のムース本体と絡んで、もうね進む進む。しかもソースはテーブルでキャストさんがかけてくれるというパフォーマンス付き!

メイン料理をどちらにしようか迷ったら、個人的にこっちをオススメします。

スポンサードリンク

デザートはブッフェスタイル

デザートはカウンターに並べられたものを好きなだけ、ブッフェスタイルで楽しむことができます。

このタイミングでコーヒーか紅茶もふるまわれ、こちらもお替わり自由。

そしてそして、ブッフェスタイルなのにデザートのクオリティが高い!

パンを大量にがっついたりせず、もっとデザートの為に胃袋を残しておけばよかったと、後々になって反省するぐらい、どれも美味しい!

ま、全種類食べてきましたけど(笑)
特に美味しかったものをいくつかご紹介します。

カシスとラズベリーのムース

カシスとラズベリーなので酸味が強いのかと思いきや、まろやかな酸味でとても食べやすいムースでした。生クリームをトッピングすると肝心の酸味が消えてしまうので、無いほうがよろしいかと。

ホワイトグレープゼリーとフレッシュフルーツ

下段のグラスデザートです。甘いものが続くデザートブッフェにおいて、こういったサッパリ系は必須です。特に男性。メンズ。

ゼリー部分が控えめな甘さなので、フルーツの甘さが爽やかに広がり、デザートブッフェの締めにも最適ですよ!

ティラミス

よくある安いデザートブッフェは、とことん甘くして少ない量で満足感を出そうとしますが、このティラミスはサッパリ系。逆に甘党には物足りなく感じると思いますが、僕はこのぐらいが好きですね。

ピスタチオのムース

上段の丸いグラスに入ったピスタチオのムースは、濃厚で香ばしい味で、ベリーソースとの相性もバッチリ。個人的には、今回のブッフェで一番美味しかったデザートです。2つ食べました(笑)

ブッシュドノエル

クリスマスランチですから、やはりブッシュドノエルは外せません。

こちらもティラミス同様、甘さ控えめ。それでいて濃厚なので、甘党にも支持されること間違い無しです。

コスパは最高

ランチで4,500円は少し高いように感じますが、どれも美味しい料理ばかりで、特にデザートブッフェはレベルが高い。そんなコース料理です。

ディズニーリゾート価格であることを考慮すれば、コスパ的には最高なのではないかと思います。

残念ながらデザートブッフェのみでの利用はできませんが、ぜひクリスマスイベント期間にお試しください。

あ、でも、最後のデザートの為に、パンはほどほどに(笑)

スポンサードリンク

当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

シェアしちゃう

フォローまでしちゃう

ブログ繁栄の為にポチお願いします。 にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
マナーを守りマウス