「イーストサイド・カフェ」おすすめ料理と雑学

スポンサーリンク


ヨーロッパからの移住者が多かった20世紀初頭のニューヨーク州イーストサイド。街にはビクトリア様式の名残が特徴的な上流階級の社交場となったカフェもあり、人々は優雅で豪華な時間を過ごしました。
東京ディズニーランドのワールドバザールにあるレストラン「イーストサイド・カフェ」もそのひとつ。パスタ料理がメインの同店、気になる料理や予算などの情報をたっぷりとお届けします!

※イーストサイドカフェでは、2018年6月11日よりメニューが変更になりました。この記事では新メニューに対応しています。

<スポンサーリンク>


「イーストサイド・カフェ」の特徴

レストランシステム

「イーストサイド・カフェ」は、通常のファミレスなどと同じ、テーブルで注文し、テーブルまで料理が運ばれてくる、テーブルサービスのレストランです。お食事が全て出揃うとお会計伝票が置かれますから、食後は伝票を持って、レジで支払います。

メニュージャンル

「イーストサイド・カフェ」では、パスタ料理をメインとしたセット料理を提供しています。デザートやドリンク類は単品でも注文できますが、お食事はセットのみなので注意が必要です。

特殊メニュー

「イーストサイド・カフェ」ではお子様セット1,080円や、コースとして選択できる料理の中にベジタリアン用メニューもあります。
また、5大アレルゲン未使用の低アレルゲンメニューも用意されていますが、当ブログでは低アレルゲンメニューについての情報は記載しない方針ですので、東京ディズニーリゾート公式ページをご覧ください。

営業時間

目安・10:00~21:00
営業時間は日によって異なります。

混雑状況

平日のお昼時で20分~30分程度の待ち時間、夜は20分~30分程度です。
休日はお昼時で40分~60分、夜は40分~60分程度の待ち時間です。
入園制限クラスの混雑日ですと昼時で70分~90分、夜は70分~90分の待ち時間となります。
【着席から食事を終えるまでの目安時間】
40分~60分

その他

「イーストサイド・カフェ」はプライオリティシーティング対象レストランです。
また、フリーリフィルのドリンクは廃止になり、お替わりをする事ができません。

「イーストサイド・カフェ」おすすめメニュー

セット料理ではサイドディッシュから1品、パスタから1品、ソフトドリンク(キリン零ICHI以外)から1品、選ぶ事ができます。

パスタセット・・・ランチ、ディナー共通1,880円

サイドディッシュ

・ミネストローネ(夏季は冷製)
・ポークとチキンのテリーヌ、ミックスベリーマスタードソース
以上2品から1品選択

☆当ブログおすすめ☆

ミックスベリーマスタードソースは辛みはありません。言われなければマスタードが入っている事が分からないぐらいです。ただ、甘味がかなりあるので、個人的には添えられているペッパーで食べるのがよろしいかと。ミックスベリーマスタードソースはパンに付けて食べました。

パスタ

・スパゲッティーニ、カルボナーラ
・スパゲッティーニ、ジェノヴェーゼ
・スパゲッティーニ、ボロネーゼ
・スパゲッティーニ、野菜のトマトソース
以上4品から1品選択

☆当ブログおすすめ☆

「スパゲッティーニ、ジェノヴェーゼ」
じゃがいもとインゲンが食感のアクセントに。あっさりめの味付けです。

パン

セットにはパンがつきます。バターはつきません。
また、他のテーブルサービスレストランと異なり、パンのおかわりはできません。

ドリンク

コーヒー 
カフェインレスコーヒー 
紅茶
(390円)

アイスコーヒー
アイスティー 
(380円)

コカ・コーラ 
グレープドリンク 
キリンオレンジ 
キリンレモン 
カルピス 
(330円)

キリン零ICHI
(520円)

デザート

ドリンクとデザートはセットを注文しない場合でも、単品で注文できます。食事ではなくティータイムに利用する事もできますね。

また、パスタセットにはプラス500円でデザートを付けることができます。

・ティラミス 650円
・エルダーフラワーのゼリーとフルーツ 650円

☆当ブログおすすめ☆

「エルダーフラワーのゼリーとフルーツ」

※当記事内のメニューや価格は2018年6月現在のものです。変更があった場合は随時更新していきますが、更新が遅れる可能性もありますので、ご注意下さい。

<スポンサーリンク>


当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

ブログ繁栄の為にポチお願いします。 にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
マナーを守りマウス