ディズニーランドのアトラクション・待ち時間が短い時間帯リスト

せっかくの東京ディズニーランドを効率よく回る為には、いったいどうすればよいのでしょうか。
いつでも混雑しているディズニーランド。当たり前ですが、アトラクション単位で空いている時間を狙うのが、一番効率良く1日を過ごせます。
この記事では、時間帯別に空いているアトラクションを一覧にしてありますので、計画を立てる際に利用していただければ幸いです。

東京ディズニーシー版はこちら

アトラクション毎に空いている時間帯を狙い、待ち時間を短縮する為のリストです。ファストパスと上手に組み合わせて、予定を立てる時に便利です。

スポンサードリンク

時間帯別アトラクション一覧

なぜその時間が狙い目なのか等、詳しい説明は省いてあります。アトラクション名にリンクが貼ってあるものは、リンク先で詳しい説明をご覧いただけます。また、ファストパスは考慮していません。あくまでもスタンバイで乗るならどの時間が良いか、の一覧です。ファストパスを取得できるものは、素直にファストパスを取得する事をおすすめします。

各時間帯よりアトラクションを1~2個チョイスして、予定を組み立てて下さい。小さなお子様と一緒の場合や、ゆったり楽しむ場合は、各時間帯から1つ。学生さんなど、気合を入れてアトラクションをがっつり楽しみたい場合は、各時間帯から2つのチョイスがおすすめです。
複数の時間帯にまたがるアトラクションもありますので、他のアトラクションとの兼ね合いでチョイスしてください。

スポンサードリンク

開園~10時

どのアトラクションも空いている時間帯ですが、ファストパス対応アトラクションはこの時間を逃すと、ファストパス取得をしない限り、閉園近くまで乗る機会がありません。なるべく優先して乗ります。

10時~12時

基本的には空いているが、お昼過ぎから大幅に待ち時間が増えるアトラクションをクリアします。特にビーバーブラザーズのカヌー探検は夕方までの運営ですので、ここで乗っておきましょう。

12時~15時

お昼過ぎからは各アトラクションの待ち時間がピークを迎えます。1日を通して待ち時間の変動が少ないアトラクションを狙います。特にトムソーヤ島いかだは夕方までの運営ですので、ここで乗りましょう。

15時~18時

夕方までがアトラクションの待ち時間のピークですので、ここでも待ち時間の変動が少ないアトラクションを狙います。

18時~20時

この時間になるとアトラクションもかなり空いてきます。ピーク時間帯に乗れなかったアトラクションを狙って乗りましょう。ウエスタンリバー鉄道は、花火の時間は運営を中止しますので、注意が必要です。

20時~閉園

どのアトラクションも空きますので、乗り残したアトラクションがあれば狙いましょう。
特に人気のアトラクションは、閉園より早めに並べなくなります(ラインカット)ので、注意が必要です。

スポンサードリンク

当ブログのインスタグラムのアカウントができました!

▶インスタグラムはこちら

フォローまでしちゃう

ブログ繁栄の為にポチお願いします。 にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
マナーを守りマウス